日本での WeChat の使用は監視されますか?

日本での WeChat の使用は監視されますか?

閱讀全文
请先 登录 后评论
  • 0 フォロー
  • 0 集める 40 浏覽
  • ユーザー に質問しました 2024-02-04 08:44:09

1 回答

厚德載物
擅長:AI

日本WeCh使用、中囯政府よる通信監視対象なる可能性あります。中囯政府インターネット丄情報監視強化ており、特海外からアクセス対て厳い規制行っています。また、WeCh中囯企業あるため、個人情報会話内容中囯政府よってアクセスされる可能性もあります。たって、プライバシー重視する場合、WeCh使用注意必要す。

WeChat(微信)は、中国発祥のモバイルアプリケーションで、中国版ラインと呼ばれることがあります。

2011年からサービスが提供開始されて以来、2020年にユーザー数12億人を突破しており、中国最大のチャットアプリでもあります。

チャットアプリとしては、ラインと似ていますが、WeChat(微信)の最大の特徴は、中国人にとって、生活になくてはならないアプリになっていることです。

WeChat(微信)は、チャットやビデオ通話などのメッセージング機能だけではなく、支払い機能(WeChat Pay)、各種予約、ミニプログラムなど色々な機能があるアプリで、いわば中国生活でのインフラツールと一つになっています。

この記事では、WeChat(微信)の機能紹介、人気の理由、そして日本で上手に使うコツと注意点について、解説していきます。

WeChat(微信)の基本機能には、チャット、モーメンツ、トップストーリー、近くにいる人を検索、ミニプログラム、WeChat Pay(微信支付)などがあります。

まず、WeChat(微信)のチャットはラインととても似ており、メッセージはじめ写真や動画、連絡先を送ることができます。

ラインのスタンプに相当するステッカーも送信可能です。

また、中国では音声を送り合うボイスチャットがよく利用されています。

モーメンツについては、ラインのタイムラインにあたる機能で、友人の日々の投稿内容を見ることができます。

投稿に対しシェアやいいね、コメントも可能です。

トップストーリーは、最新のニュースがチェックできます。

近くにいる人を検索する機能については、GPS機能を使い、近くの人を探し、メッセージを送ることが可能です。

すでに面識のある友人と連絡先を交換するにはQRコードやID検索ができるので、この機能は実質知り合いでない人と出会うための機能ともいえるでしょう。

中国現地では、営業や男女の新たな出会いを求める手段などで使われています。

近くにいる人として、自分が表示されたくない場合は、設定で機能をオフにすれば表示されないようにでき、セキュリティもしっかりしています。

ミニプログラムは、WeChat(微信)内で起動するダウンロード不要の簡易版アプリのようなものです。

ゲームや動画、チケット予約、音楽など、さまざまなアプリがWeChat(微信)内で使えるようになります。

たとえば、タオバオ(淘宝)などの買い物アプリを使いたい場合、買い物アプリ起動やブラウザを立ち上げる必要がなく、WeChat(微信)のミニプログラム内ですぐに購入できます。

WeChat Pay(微信支付)は、WeChat(微信)の決済サービスです。

中国ではモバイル決済が普及しており、なかでもWeChat Pay(微信支付)は「Alipay」に次いで利用者の多いメジャーなサービスです。

WeChat Pay(微信支付)による支払いは、現金支払い以上に普及していると言っても過言ではありません。

WeChat Pay(微信支付)は、オンライン上の支払いはもちろん、オフラインの支払いや送金にも利用可能です。

日本でもコンビニや百貨店、飲食店などでWeChat Pay(微信支付)導入が進んでいます。

WeChat Pay(微信支付)は中国国内の銀行口座を登録すれば簡単に利用でき、また国際ブランドのクレジットカードを設定すれば、日本人も利用可能です。

中国人旅行客を対象としたインバンドビジネスでは、WeChat Pay(微信支付)の導入は必須のものとなっているほど、普及しています。

WeChat(微信)が中国で大人気となった主な理由は、その多様な機能と利便性です。

WeChat(微信)はメッセージ機能だけでなく、支払い、ソーシャルメディア、ビジネスコミュニケーションなど様々な機能をただ一つのアプリで提供しています。

これにより、ユーザーは複数のアプリを使わずに済み、効率的なコミュニケーションや買い物などが可能となるのです。

また、WeChat(微信)は中国国内で主要な決済手段としても普及しており、QRコードを用いた支払いが広く利用されています。

ビジネスシーンでもよく使われており、例えば、税金の支払いをWeChat(微信)で行うこともあるくらいです。

このように、WeChat(微信)は生活全般にわたる便利なツールとなり、人々の日常生活に深く組み込まれています。

結果として、中国現地では、WeChat(微信)は生活やビジネスインフラのツールとして、大人気のアプリになっているのです。

中国で大人気のWeChat(微信)は、日本で使うことができます。

日本語版も用意されていますので、中国語がわからなくても、スムーズに利用することができます。

ここでは、WeChat(微信)のアカウントの新規登録方法や言語設定方法などについて、紹介したいと思います。

まず、Google Play StoreやApp Storeの中に「WeChat」(日本語)や「微信」(中国語)で検索し、アプリをインストールします。

WeChat(微信)のインストールが完成しましたら、アプリを開きます。

また、AppleIDやFacebookアカウントとの連携登録も可能です。

以下では、モバイルで登録の方法を紹介しますね。

下記のような画面が表示されましたら、まず「モバイルで登録」をタップします。

すると、下のような画面が表示されます。

初期画面では、中国語で表示されることがありますが、日本語翻訳は下記の通りです。

画面の下の「我已阅读并同意《软件许可及服务协议》」(日本語訳:システム許可及びサービス規約を読み、同意します)の左側にある〇にチェックを入れて、下の「我同意并继续(日本語訳:同意して継続)」タップします。

次に、セキュリティ認証の画面が表示されますので、下にある「開始」ボタンをタップすると簡単な認証作業があります。

認証作業が完成した後に、プライバシーポリシーの画面が表示され、「我已阅读条件并同意(日本語訳:上記の条件を読み、同意しました)」のボダンを押して、「次へ」タップします。

すると、先ほど登録した電話番号にショートメッセージによる認証画面が表示されます。

携帯電話番号に送られてくるショートメッセージに記載されている認証コードを入れると、WeChatのメイン画面に戻り、アカウントの登録が完成します。

WeChat(微信)は、スマートフォンバージョンであれば、日本語対応しています。

ここでは、WeChat(微信)で、日本語設定する方法を紹介しますね。

WeChat(微信)が中国語での表示になっており、日本語表示にしたい場合は、下記の画面の通り、左から右の手順に従って、日本語へ変更することができます。

まず、下にある「我」(日本語訳:自分)をタップします。

次に、一番下の段落にある「设置」(日本語訳:設定)に入ります。

次の画面が表示されましたら、真ん中あたりにある「通用」(日本語訳:全般)をタップします。

次の画面にて、上から3番目にある「多语言」(日本語訳:多言語)に入るとお好きな言語を選ぶことができます。

この中で、日本語を選択すると、日本語で使うことが可能になります。

ここからは、パソコンバージョンのWeChat(微信)の使い方を紹介したいと思います。

使い方としては、まずMicrosoft EdgeやGoogle Chromeに「微信电脑版」(日本語訳:WeChat Windowsバージョン)を探します。

見つけにくい場合は、直接下記のURLから、WindowsバージョンのWeChat(微信)のソフトウェアをダウンロードできます。

ページの中の緑色の「下载3.9.8」(日本語訳:ダウンロード)押すと自動的にダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了すると、インストール画面が表示されますので、「我已阅读并同意服务条款和隐私政策(日本語訳:私はサービス契約とプライバシーポリシーを読んだうえで同意します)」の左側にある丸のボダンを押します。

その後に、「安装(日本語:インストール)」をタップします。

次の画面にて、「更多选项」(日本語訳:ほかの選択事項)でソフトのインストール先を変更できますが、一般的にはそのままで大丈夫です。

次に、「开始使用」(日本語訳:使用開始)をタップします。

下のような画面が出てきましたら、インストールが完了ですので、スマートフォンのWeChat(微信)のQRコートでスキャンします。

すると、下記の画面のように、パソコンバージョンのWeChat(微信)が開きます。

なお、スマートフォンでQRコートをスチャンする必要がありますので、スマートフォンでWeChat(微信)を登録しないと利用できない仕様になっています。

また、パソコンバージョンには、英語、中国語しかバージョンがないことに注意が必要です。

今後、日本語で使うバージョンがリリースされることに期待です。

日本でも使うことができ、とても便利なWeChat(微信)ですが、使用時の注意点がありますので簡単に説明したいと思います。

まず、情報漏洩の危険性です。

WeChat(微信)のメッセージの内容は、すべて中国政府に監視されていると言われています。

国家間に関する内容や中国政府に不利な政治関連の話題などは、避けておくのが無難です。

ただし、プライベートやビジネス目的で使うのであれば、それほど敏感になる必要はないでしょう。

次に、セキュリティ対策をしっかり行うことです。

中国政府からの監視は避けることはできませんが、それ以外の第三者に情報が漏れないよう、しっかり対策を行うことが必要です。

特に、WeChat(微信)はメッセージ機能だけではなく、決済機能、納税機能、お買い物機能などたくさんの機能があります。

ほかのアプリとは比較にならないほど、被害は大きなものになりますので、スマートフォン含めたセキュリティ対策はしっかり行いましょう。

WeChat(微信)メッセージ機能では、文字によるメッセージ機能のみではなく、写真やビデオ通話、現在地の情報など送付も可能です。

例えば、メッセージ画面の右側の「+」をタップすると、下記のような画面が表示されます。

左から機能の紹介をすると、下記の通りです。

「画像」→スマートフォンに保存されてある写真を送付できる。

「カメラ」→スマートフォンのカメラを使い、直接写真を撮影し送付できる。

「ビデオ通話」→「動画呼び出し(テレビ電話)」と「音声呼び出し(音声通話)」が選択でき、通話ができる。

「場所」→現在地情報などを相手に伝えることができる。

「ラッキーマネー」→WeChat Pay(微信支付)を通して、相手に送金することができる、ただし上限は200人民元(4,000円相当)。

「送金」→相手に送金することができ、ラッキーマネーと違い送金上限がない。

「お気に入り」→自分がお気に入り登録したサイトなどを相手へ送信することができる。

「連絡先カード」→友達のWeChat(微信)IDを別の友達へ紹介することができる。

上記以外にも機能があり、画面右側に移動すると、下記のような機能が表示されます。

左から順に機能を説明すると、下記の通りです。

「ファイル」→スマートフォンの中の文書やファイルを送ることができる機能、ファイルサイズ上限は1GB。

「Coupons」→クーポンを送ることができる機能。

「音楽」→自分の好きな音楽を送る機能。

WeChat(微信)を使う際は、中国人とのやり取りがメインになり、中国現地にいる中国人とオンライン上だけでコミュニケーションするケースが多いです。

実際に面と向かって会うことが少ない或いは全く会わないケースもあり、プロフィールは大事な情報になりますので、充実させたものにするとよいでしょう。

ここからは、プロフィールの変更方法を紹介します。

まずは、画面右下にある「自分」をクリックします。

そして、一番上の自分の名前をタップします。

すると、「マイプロフィール」の画面が表示されますので、プロフィール写真、名前、軽く叩く、Weixin IDなどをここで変更できます。

なお、Weixin IDは年に一回のみ変更可能であり、仮にもう一度変更したい場合は来年以降という制限があります。

Weixin IDを変更する際は、よく考えてから、操作を開始するようにしましょう。

また、Weixin IDの初期設定は、システムが自動的に生成されており、仮Weixin IDで登録されています。

中国人の友達や仕事仲間ができた場合は、WeChat(微信)での友達(新しい連絡先)の登録は必ずと言ってよいほど行います。

友達(新しい連絡先)の登録方法は、いくつか方法がありますが、メジャーな方法をここでは紹介したいと思います。

それは、チャット画面の右上の+ボタンをタップする方法です。

すると、下記のような画面が表示されます。

新しい連絡先の交換の方法が表示されており、例えば、一番上の「一緒に押す」では、ボタンを押すタイミングを合わせるだけで連絡先を交換することができます。

その他、Weixin IDや電話番号検索でも連絡先の追加はできますが、中国現地で最もメジャーなやり方は、QRコードのスキャンです。

アプリのショートカット機能を使って連絡先交換をする方法などありますが、少し難しいですので、日本人であれば先ほど紹介した登録方法が使えれば、問題ないでしょう。

WeChat(微信)の中には、高度な検索機能もあり、文章のほか、アプリや公式サイトなどを検索することができます。

例えば、WeChat(微信)を使って、コーヒーを注文したいと考えたとしましょう。

まず、WeChat(微信)の上の画面に検索バーがありますので、中国のスターバックスともいわれている「瑞幸咖啡」を検索します。

上記は、「瑞幸咖啡」を検索した結果です。

コーヒーショップ「瑞幸咖啡」の公式アカウントのほか、関連記事、ミニプログラムなどのいろいろな結果が表示されました。

この中のミニプログラムをタップすると、「瑞幸咖啡」のミニアプリが起動し、コーヒーの種類や郵送先を選択する画面が表示され、5-10分後には、熱々のコーヒーを飲むことができます。

WeChat(微信)では、ファイスブックのタイムラインのような投稿記事を見ることができます。

中国では、ファイスブックやツイッターなどの世界でメジャーなプラットフォームが使えません。

そのため、多くの中国人が、WeChat(微信)のモーメンツを使って、日常の風景やイベントなどを投稿しているのです。

最近では、多くのブランドがWeChat(微信)のモーメンツを使って広告を行うようになりました。

【「モーメンツ」で広告を投稿するアカウントの写真】

中国EC業界のトレンドである「ライブコマース」の影響を受けて、WeChat(微信)でもライブ視聴機能をリリースしました。

現在WeChat(微信)アカウントを持っていれば、個人や会社を問わず、誰でもライブを実施することができます。

ライブ機能は様々な会社にとって、プロモーションとして利用価値があり、収益を拡大する有効な方法になっています。

まだまだ始まったばかりですが、ビジネスシーンでの活用が期待されています。

なお、WeChat(微信)ライブは、底部メニューの「発見」をタップし、「ライブ」をタップするとみることができます。

以上、WeChat(微信)の機能紹介、人気の理由、そして日本で上手に使うコツと注意点について、解説しました。

弊社は現在、中国版TikTok抖音(Douyin)・小紅書(RED)を活用した中国SNSの運用代行や、中国への越境ECの支援などのサービスを展開しております。

ぜひご気軽にご相談ください。

请先 登录 后评论