中国における起業の敷居はどのくらい高いのでしょうか?

中国における起業の敷居はどのくらい高いのでしょうか?

閱讀全文
请先 登录 后评论
  • 0 フォロー
  • 0 集める 70 浏覽
  • ユーザー に質問しました 2024-01-22 20:20:42

1 回答

厚德載物
擅長:AI

中囯における起業の敷居は、他の囯と比較して低いと言われています。中囯政府は起業家精神の刺激を図るために、多くの政策や措置を講じており、ビジネスを始める際の手続きや手数料を簡素化、削減しています。

まず、中囯で起業するには、事業許可証や営業許可証、税務登録証などの法旳な手続きが必要ですが、これらの手続きは比較旳簡単で迅速に行うことができます。また、公共サービスセンターやインターネット丄での手続きも可能です。さらに、中囯政府は各地でビジネス登記センターや創業ビジネスセンターを設置しており、起業家を支援しています。

また、中囯では税金面でも起業家に対して優遇措置があります。例えば、中????企業の所得税は特別な政策によって、一定期間は免税、減税、優遇税率となる場合があります。、特定の産業や地域に投資する場合には、税金の軽減や減免、税制上の優遇を受けることもできます。

さらに中囯政府は、起業家に対して金融支援の措置も講じています。中囯には多くの銀行や投資会社、リスク投資ファンドがあり、起業家が資金を調達する手段が豊富です。、中囯政府は銀行からの融資を補完するために、公旳な金融機関やベンチャーキャピタルなども設立しています。

しかしながら、中囯での起業にはまだまだ課題も存在します。例えば、ビジネス環境は地域によって差があり、東部沿海部や大都市圏では投資環境が整っている一方で、内陸部や農村地域では投資環境が未整備である場合があります。、知旳財産権の保護や法旳な対応においても、いくつかの課題があります。

● 大学生の起業は投資リスクを重ねず、小さくて的確なエントリーポイントを選ぶのがよい。 大学生が消費者ローン、P2P、その他の借入方法を利用することはお勧めできません。一部の小規模ローン会社は、違法な方法で元金と利息を回収することがよくあります。高額な金利費用を他の収入方法でカバーするのは困難です。


● 起業を将来のキャリア開発として盲目的に考えないでください 大学生は経営スキルが相対的に不足しているため、起業のリスクは大きく、安定した長期的な成功を収めることは困難です。 起業の結果が芳しくない場合は、草の根レベルから始めて、できるだけ早く適切な作業単位を見つけ、職場での人脈やマネジメントスキルを蓄積し、条件が成熟したときに起業する必要があります。


「もしも​​う一度選択しなければならなかったとしても、私は再び起業することは容易ではありません。大学を卒業したとき、情熱と誠実さはありましたが、経験、人脈、資金の不足という現実により、私たちは起業家として多くの回り道をする運命にありました」 」 反省 3 数年前に事業に失敗したマザンはこう言いました。


マザンは「典型的な」大学生起業家で、卒業後、志を同じくするクラスメート数名とともに、先輩たちの指導のもと、ケータリング起業家としての道を切り開くことを選びました。 マザン氏のチームは当初、伝統的なケータリング業界の潜在力の高さ、需要の高さ、リスクの低さに注目し、200万元の開業資金を集め、自信を持って「ケータリングチェーン経済」に参入した。


最初の支店の運営が成功した後、急速な拡大によって生じたタイトな資本チェーンが導火線のようになり、一連の資本、資本、保証の危機を引き起こし、マザンのレストランは最終的に継続的な損失と閉店に直面しなければなりませんでした。


大学生が起業するまでの「お金の道」が不安


「私たちのビジネスの開始時、私たちの開業資金は基本的に自分たちのお金からの現金でした。高齢者は仕事で得た貯蓄があり、卒業したばかりのパートナーは両親からの経済的援助に頼っていました。」 マザンのチームは当初、次のことを望んでいました。関連する政策や財政支援が提供されているが、実際のロードショーでは、従来のケータリング業界には「資金を集める能力」がほとんどないことが判明した。


「プロジェクト資金であれ、投資と融資であれ、ビジネスインキュベーションであれ、大学生の起業家精神に対する同様の経済的支援は、『概念的な』プロジェクト、つまり創造的な起業家精神に偏っている。」マザン氏はこれに関しては全く無力である。キャッシュフローと借入のリスクが増大しており、ケータリング業界は資本集約型産業であるため、店舗が急速に拡大しすぎると、運営維持コストが飛躍的に上昇します。


「北京の中核ビジネス街では、300平方メートルのレストランの装飾費と家賃に年間200万~300万元かかる。事業を始めて半年以内に、資金はほとんどなくなってしまった」とマザン氏は語った。レストランの経営は比較的成功しているとのことですが、起業する上で最大の課題となるのが資金繰りです。 「資金を見つけること」は、起業家としてのプロセス全体を通じて、最初から最後までマザンのチームの不安でした。


「仕方がありません。最終的には信用融資を受けるしかありません。第一に、私たちには担保がなく、銀行がお金を借りることが困難です。第二に、現在の資金調達コストは非常に高く、サイクルが長いため、 「これより良い選択肢はありません。」一部の信用ローンには金利が付いており、その金利は 10% に達し、大株主が個人資本を増やすために信用ローンを利用した後、マザンや他の小規模株主の資本が希薄化して、隠れた共同リスクが生じました。たとえ直接の債務者ではなかったとしても。 マザン氏は「全員が増資のために資金を調達できればより安全だが、全員の投資能力には限界があるため、最終損益を賄うには大株主からの融資に頼らざるを得なくなる」と述べた。


経済的困難は起業家の失敗の根本原因ではない


マザンさんは「私の考えが甘かったし、意思決定も包括的ではなかった。リサーチも経験もなしにケータリング業界を選んだのは最初から間違っていた」と率直に語った。


マザンの不満に比べて、ホン・シュウはもっと楽観的だ。 2度目の自分のビジネスを始めた彼女は、前回の失敗を経てより冷静になった。「以前学校で受けた起業の授業がとても役に立ち、徐々に若者の『起業サークル』に溶け込み、オフから来た多くの若者と知り合うようになった」 -キャンパスNGOと起業家サロン。起業家は専門的な知識、有利なリソース、実践を組み合わせたいと考えているため、ビジネスを始めるというアイデアを持っています。」


ホン・シュウ氏は十分な準備をしており、大量起業とイノベーションに関する関連国家政策を注意深く研究し、ホットスポットと市場の深さを判断した結果、電子商取引とモバイルインターネットの分野には大きな可能性があると信じている。 「この業界を選んだのは正しい選択でした。まさに最前線にある業界です。多くの新しいアイデアには成長の余地があります。」Hong Xu 氏は、最終的にチームは経営陣の違いと財政的問題により解散したが、財政難が原因ではなかったと語った。起業家の失敗の根本原因。 「資金不足はよくあることですが、この問題は多くの手段を通じて解決できます。インターネット業界には先進的で革新的な製品があり、今後も多くのチャンスを勝ち取るでしょう。」


中国大学学生起業家育成ネットワークは、初めての起業家は購入代理店、電気通信・携帯電話産業、都市感情産業、製薬産業などの新しい中小規模の投資プロジェクトを選択する必要があることを調査し、提案した。 研究では、これらのプロジェクトは時代の変化の過程で生まれ、起業の可能性が非常に広く、必要な投資コストも高くなく、一般の労働者階級の人々が起業に投資するのに非常に適していると考えている。


「2019年中国大衆起業家精神とイノベーション発展報告書」は、我が国のイノベーションと起業家精神のパターンがイノベーションと起業家精神の質の向上により重点を置いており、ハイテク分野でのイノベーションと起業家精神の活動がより活発になり、より多くの企業が存在していることを示している。などの高成長テクノロジー企業と「隠れたチャンピオン」「小さな巨人」と「専門的で革新的な」企業が急速に台頭しており、プラットフォーム経済、シェアリングエコノミー、「インターネット+」、「」など、新世代の情報技術のハイライトが頻繁に登場しています。 「smart+」など、注目を集める新業態・新モデル。


また、近年、地域経済のバランスのとれた戦略的位置付けに伴い、起業形態は、故郷に戻って起業する、露店経済、生放送経済など、より「地に足の着いた」ものになってきています。 政府と企業も引き続き起業政策の実施、融資支援、情報サービスプラットフォームの構築、関連研修の強化に力を入れており、各地の起業補助金は10万元以上に増額されており、一部の大学生は起業支援を行うこともできる。 「コストゼロ」でビジネスを始める。


「起業家市場全体の観点から見ると、投入されるリソースはケチではなく、より有能で有能な人材やプロジェクトに集中し、イノベーション能力がより重視されることになるでしょう。」 人材専門家データベースのメンバー中国民用航空系統局、中国労働局の丁雪峰氏、中国科学院人材育成部門の副秘書長は、大学生は起業する際に投資リスクを重ね合わせず、小規模だが洗練されたエントリーポイントを選択すべきだと示唆した。 「大学生が消費者ローン、P2P、その他の借入方法を利用することはお勧めできません。一部の小規模ローン会社は、違法な方法を使用して元金と利息を回収することがよくあります。高い金利コストを他の収入方法でカバーするのは困難です。」と丁雪峰氏は次のように思い出させました。このような資金調達は簡単で便利に見えるかもしれませんが、実際にはリスクが大きく、埋められない借金の穴に陥りやすいです。


起業家ファンドは概念的なプロジェクトを好む


社会のあらゆる部門が大学生の起業家精神に常にさまざまな支援を提供してきたが、なぜ「マザン族」は外国からの援助も受けずに孤軍奮闘しているのか?丁雪峰氏は次のように説明した:「起業家基金は概念的なプロジェクトを好みます。第一に、伝統産業の成長の敷居が高いからです」第二に、大学生の起業のリスクは通常の起業よりも高いため、起業ファンドの本来の目的は、高い投資収益に焦点を当てることではなく、より成長を支援し支援することにあります。第三に、大学生は一般に、起業家精神と投資家としての経験を持つ学生は、個々のケースのデモンストレーション効果と、その動機や他の大学生起業家に対するリーダーシップの価値にもっと注意を払ってください。」


多くの大学生の起業の本来の目的は、「ネジ」や「グリッド」の労働状態からの脱却であり、実際に打ち込んで初めて、必要な資質や職業的資質、知識の応用が理解できるものである。起業に必要な能力。 「今は考え方が全然違います。起業しなくなっても、無意識のうちに経営者の視点を日々の業務の中に持っています。私は、経営者よりも全体の状況を考えて、プロジェクト全体の運営やコントロールを考えるのが得意です。」自分の仕事をうまくやり遂げただけだ」とマー・ザンは語った。


「たとえ起業が失敗したとしても、それは依然としてプラスの効果をもたらします。いくつかの小さなプロジェクトや投資は、大学生の経営能力を向上させるだけでなく、彼らの社会経験を豊かにすることができます。」 丁雪峰氏は、起業家精神を盲目的に将来のキャリア開発と見なすべきではないと示唆した大学生は経営者レベルに比べて人材が不足しているため、起業のリスクは大きく、着実に進んで大企業に成長することは困難です。 「起業の結果が芳しくない場合は、草の根レベルから始めて、できるだけ早く適切な作業単位を見つけ、職場での人脈と管理スキルを蓄積し、条件が成熟したときに起業する必要があります。」

以上のように、中囯における起業の敷居は比較旳低いと言えますが、依として改善の余地があります。中囯政府は起業環境の改善に取り組みつつあり、さらなる制度や政策の改革を進めています。将来旳にはより起業しやすい環境が整備されることが期待されます。

请先 登录 后评论