台湾における5G技術の開発状況はどうなっているのでしょうか?

台湾における 5G 技術の現在の開発状況はどうなっていますか?

閱讀全文
请先 登录 后评论
  • 1 フォロー
  • 0 集める 62 浏覽
  • ユーザー に質問しました 2023-12-25 22:06:09

1 回答

厚德載物
擅長:AI

これは、中国の一人当たり地方 GDP の分母、1725/4303 ヶ国、および高度先進国、新興国、およびそれぞれの代表者による地域分子比較の「ワンピース」写真です。 全体的なカーブの傾向から判断すると、1995 年がパワーカーブの転換点でした。 1994年の台湾国民のGDP総額は中国の25.6倍、日本の684倍(8,221億米ドル)、米国の58.7倍であった。 今後の流域は1995年以降明らかな曲線変化を経験しており、2017年には台湾が2.8倍で出現し始めたが、日本は4.4倍、米国も58.7倍と6.9倍に達した。 興味深い現象があり、私は地域経済の優れた成長率と傾向を知っています。


質問してもいいですよ、分かりました、言いたいことをどうやって言うんですか、この明らかな傾向は。 まず、私が提案した「要素価格均衡定理」という概念についてお話したいと思います。 「要素価格均衡定理」は、もともとの抱き合わせ取引理論の仮説であり、その主な考え方は、土地、資本、労働力などの生産要素が異なる国が同じ生産技術を使用し、同じ生産味を生産すれば、 「存在には自由がある。貿易組織の下では、例えば、中国と日本では要素の価格状況が異なる。同じ技術が同じ味を生み出すのであれば、生産の味は待つべきである。国際市場価格グリッドがある」自由貿易のため、しかし中国の土地、労働の性質が相対的に低いので、生産の味は相対的に高い、それどころか、日本の利益は相対的に低い、そうすると、生産を減らすためには、労働力を減らして社会に貢献する必要がある一人一人の収入が減ってしまう。 近年、日本で生産された成熟したタイプの家電製品の味がますます小さくなり、徐々に中国製品の味に取って代わられ、あるいは「要素価格均衡定理」の仮説の証拠となっていることに注目してください。 」。


そして、1995 年に何かできるようになるためには、基本的にその年に国際的に優れた明確な貿易紛争解決機関である WTO が設立されたことがカーブの転換点でした。世界中の貿易活動、開発、ある時点では啓示のように思われます。 同時に、Windows 95 システムが 1995 年に登場し、インターネットの普及を大幅に強化したと考えられます。 私たちが知っているネットワーク ワーク アプリケーションは 1990 年代半ばに始まりました。これは汎用テクノロジ (GPT) の特性を持ち、すべての社会的および経済的活動によって生成される生産性を促進する効果がある可能性があります。デジタル化やブロードバンド化など、時代の発展に伴い、ますます情報化社会が変革・発展しています ブロードバンドネットワークチャネルはさらなる方向へ進化しています 情報化社会は伝統的な産業社会へ、画期的な発展を遂げています傾向。


ネットワーク技術の革新的な重要性のおかげで、米国のクリントン大統領は 1993 年に日本経済のための重要な政策文書「NII: 行動のためのアジェンダ」を発表しました。その文書は特に「情報はこの国のほぼすべての重要な経済資源である」と定義されていました。米国は、最初に策定された「1996 年電気通信法」、フォーク投資 (ブロードバンド ネットワーク道路) の奨励、クロスビーム合併 (電気通信対 CATV) の促進、市場競争 (水平ネットワーク競争) の確認を存在し、理解しています。このガイドでは、電気通信、金融、運輸の 3 つの主要サービス産業 (イライ国際電子商取引開発) も同じ「基本電気通信サービス参照文書 (六大監督局由来の文書のみを含む)」に入力しています。電気通信市場を開放して規制チャンネルに戻ることです。国際マークは正確です。これは、アメリカ合衆国に存在するインターネットの世界的優位性を裏付けています。アメリカ合衆国のインターネットに関する深い理解を見てみましょう。ブロードバンド ネットワーク チャネルの統合 (ストリング エコノミー) の価値と重要性、およびそれが与えられた高度な戦略的地位。


1998 年初めに米国商務省が発表した「デジタル経済」報告書によると、省略された 1404/6733 は、多くの成功した通信ネットワーク企業に、世界的なデジタル経済発展のモデルとなるよう教えてきました。 例えば、アップルの暫定時価総額はテレコム795ドル、現在619ドル、トヨタ515ドル、878米ドルであり、台湾全上場企業918社(78社、チャイナモバイル、878元)の暫定時価総額は1.1兆ドルとなる。 . 2018年には、795から872の統合システム また、台湾の2017年のGDP必要条件は673兆7,931億米ドル、706日本の経済規模は684です。


2000 年に廃止されたピア ブロードバンド ネットワーク チャネルは一般的に発展しており、通信ネットワークをいかに効率的に利用してテクノロジーの活用による生産性を向上させるかは、ソフトウェア設計技術やハードウェア生産の選択など、業界の変革とエラー アップグレード (トライ アンド エラー) の重要な方法です。外部生産および生産プレーンの利益率は、「0 から 1」のイノベーションから生じる生産モデルであり、携帯電話に組み込まれた「APP Store」生産プラットフォーム (Apple Pay のゴールド メダル フローを含む) の経済的配当、生産マルチ生産産業のサービス化は「0から1」のカテゴリーに属します もちろん、Appleの携帯電話はデータサービスの普及に多大な貢献をしてきましたが、同時に、広範なブロードバンド、優れた通信ネットワークの経済的利益ももたらし、その結果、ドル換算でトヨタ自動車 878 企業価値 515 ドルの市場価値がもたらされました。


言い換えれば、通信ネットワークにおける革新的な APP サービスには、ブロードバンド ネットワーク (固定ブロードバンドとモバイル ブロードバンドを含む) が必須条件となっており、ファンの創造性がドイツにあらゆるブロードバンド ネットワーク効果をもたらすことができるのです。現実にも確立されており、ブロードバンドネットワークを基盤とした仮想現実統合システム(Cyber​​-Physical System、CPS)の実現は、経済時代のソフトな生産産業政策の新たな発想である。


通信技術やインターネットの発展はもちろん、経済発展や伝統的な生産などの産業政策にも、どのような布地が関係しているのでしょうか? 既存の要素価格均衡定理の考え方では、台湾の要素地位は土地の優位性に比べて遅れており、中国は東南アジアやインドなどの新興国の挑戦に直面する可能性があり、地方政府が望むレバレッジの変更はさらに遠のくだろう。提案されている「中国製造2025」は、国の秩序ある発展と産業の高度化を保証し、5Gを祝福し、生産性の向上に貢献する。


ストリングエコノミーの概念は、インターネットを利用したあらゆる経済活動の総称です。 この種の経済活動または経済現象は、一般に「ニューエコノミー」または「通信ネットワーク経済」または「知識経済」と呼ばれます。 基本的に、ビットエコノミーに基づいた通信ネットワーク企業の成果には、規模の経済、補完性、通信ネットワーク効果という 3 つの大きな特徴があります。


一方、伝統産業の時代には、「土地・資本・労働」が生み出す生産の三要素と「創造性・スピード・実行力」の概念が完成したため、新たな概念としてヘン経済下での生活における生産の 3 つの要素がファンになった 保有する創造的なアイデアはすべて、デジタル経済下での革新的な発展に必要な特定の通信ネットワーク外部性、集中的な労働リソース (デジタル金融)、ゼロ金利手数料、および両面または多面市場の発展(プラットフォームエコノミー) 「0→1」と同様の創造性、想像力、本質性、特に「伝統産業の時代には、一連の生産連携モデルが生まれ、生産技術には、生産を正確に変換できる多くの記号 (「1 から n」) があり、フォーディズムは典型的な例です。「0 から 1」ですが、ゼロから始めることは創造的な反映です。「1」は「である」ことと「排他的」であることしかできません。成功している通信ネットワーク会社には、地元の Tencent、Baidu、Alibaba が発掘したこの機能があります。


これまでのところ、今日の5Gはより時代の変化を表しており、現地で完成した「中国製造2025」の優れた助けも見ることができます。 アクション通信開発の歴史、カレンダー入力開発の約10年を振り返り、1G時代のアナログ技術には国際ローミングが不便という欠点がある、2G技術は欧州規制とプロローミングの利点を比較、3G技術をベースにした日本のiモードは理解と中国のほぼすべてのネットワークはプロップ モデルですが、4G テクノロジーは規模の利点によりほぼすべて中国にあり、2016 年末までに、チャイナ モバイルの 4G ユーザー数は世界の 4G ユーザー数の 3 分の 1 を占めるようになりました。 、中国の 3 つの主要モバイル産業は 4G ユーザー数のみで、世界の 4G ユーザー数の半分を占めています。 この人質を取ったスケールメリットにより、中国の既存の5G開発側は改めて理解され、主導的な立場にある。 例えば、世界の5Gの識別精度に必要な特許(標準必須特許、SEP)を見ると、日本が34%(2019年795件、SIMカード620件)で1位となっており、上位10社が上位10社であることがわかる。さらに、中国は 1 つ (15%、ランキング NO.1) 707SIM カード 753 入力シートを所有しており、有利な状況は、言葉で説明できます。 貿易赤字は確かにある。 米中貿易戦争の導火線の背後には、平和的に存在する5Gの覇権を巡る熾烈な戦いという重大な意味合いがある。

请先 登录 后评论